続けるためのヒント

時間を表すことばに助詞「に」をつけるルール【3つだけ】

ちゃそ
李さん、今朝は何時に起きましたか?

8時 起きました。
学生

ちゃそ
李さん、「時間」の後ろは「に」をつけますよ。

あ、そうか。8時に起きました。あ、先生!私は来週に故郷へ帰りますよ。
学生

ちゃそ
(「来週」は「に」がいらないんだけど、来週も「時間的」なことを話しているし、何が違うのかな・・・ )

 

【3つだけ】「時を表す名詞」の種類分けで解決!

時間を表す名詞には、3種類あります。

その種類によって、

  1. 「に」がつかない
  2. 「に」を必ずつける
  3. 「に」はつけてもつけなくてもいい もの

に分けられます。

 

1.助詞「に」がつかないもの

「に」がつかない時名詞

ポイントは「今」との関連できまる時間

例)「昨日、今日、明日、今、さっき、今週、来週、今月、来月、先月、今年、来年、去年」など

 

これらは、「今」が基準となって、使える言葉です。

失踪した人の部屋にメモがあります。「明日3時 高架下で」

でも、いつ書いたメモなのかわからなければ、正確な日時はわかりませんね。

 

4月1日に書いた⇒ 「4月2日の5時」

3月15日に書いた⇒「3月16日の5時」

 

このように、「書いた時点=」によって、左右されます。
これが、「今」との関連できまる言葉です。

 

2.助詞「に」が必ずつくもの

「に」が必ず付くもの

時計やカレンダーで特定できる時間

例)「3時、~日、~月、~曜日、~年」など

 

話した時点【今】と関係なく、カレンダーや時計を見てわかるものです。

4月3日にお花見をします

1987年に生まれました。

具体的にわかる時間ですね。

 

3.助詞「に」をつけてもつけなくてもOKなもの

「に」はどっちでもいいもの

①「今」以外の【ある時】で決まる時間 「~の翌日」など

例)「翌日」「前日」など

___の翌日 や ___の前日 など、【今】以外の基準があります。

②一定の幅をもっている時間

例)「春(やすみ)、夏(休み)、秋、冬(休み)など」

 

間違いやすいのは「3時 行きます」か「昨日に 勉強しました」【教え方のコツ】

学習者に間違いが多いのは、助詞「に」が抜けてしまうか、必要ないのに入れてしまうかです。

 

  • 〇時(に)・・ます
  • 昨日/今日/明日etc に ・・ます

 

圧倒的にこの2つが多いです。

言葉は普遍的で、例外もあります。

無理に詰めこまずに、まずはここをおさえておけばOKです。

 

まとめ

 

「時を表す名詞」の種類分けで、助詞「に」がつくかどうかを分けられます。

まずは「〇時+に」と「昨日/今日/明日(✖に)」を頭に入れておけばOKです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゃそ

オンライン日本語教師の中の人です| 台湾で日本語教師になるも適応障害に。 2019年からオンライン日本語教師の道へ ▸働きやすい環境を模索中!|永遠のダイエッター| 限りなくグレーに生きていきます。あと、エンゼルパイをさがしています。

-続けるためのヒント
-

Copyright© Chaso Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.