続けるためのヒント

動詞のグループ分けを瞬時に見分ける方法と教え方のコツ【日本語教師の基礎】

悩みちゃん
動詞のグループ分けがわかりません。
国語で習った「五段活用」とかが関係しているみたいだけど・・・
学習者に聞かれてもどう説明すればいいかわかりません。
おしえてください。

 

こんな疑問にこたえます。

 

本記事の内容

  • 【瞬時にできる】動詞のグループの分け
  • グループ分けの教え方のポイントとコツ(ます形・辞書形)

 

本記事の信頼性

  • 2012年日本語教師養成講座420時間修了
  • 日本語教育能力検定試験 合格
  • 現役オンライン日本語教師

 

2011年に日本語教育能力検定試験に合格し、2012年に養成講座420時間を修了しています。

2012年と2018年に台湾で計2年の日本語教師経験があります。

2019年5月から中国系のオンライン日本語学校で講師をしています。

 

この記事を読めば、動詞のグループ分けをマスターできます!

検定試験対策本のグループ分けの説明は少し複雑ですよね。

教師も、学習者と同じシンプルな分け方を理解すればOKです。

学習者が間違いやすいポイントでもあるので、ぜひ身に付けましょう!

動詞のグループ分けをマスターするだけで、授業に自信が持てますよ。

 

日本語動詞のグループ分けとは?(3つのグループに分類)

 

日本語教育でつかわれている動詞のグループ分けです。

  • 動詞を3つのグループに分ける
  • 「五段活用」や「上二段活用」などの表現は使わない
  • 動詞の数の多さは 1>2>3 グループの順

 

では、どうしてグループ分けが必要なのでしょうか?

学習者はこんな疑問を持っています。

 

学生
「着る」は「着ます」と言うのに、「切る」は「切ります」です。どうして?
え?どうしてかな?切るは「五段活用」?着るは「上二段活用」かな?えっと、、
悩みちゃん
ちゃそ
もっとシンプルに教えられる方法があるよ、ふふふ。

 

 

日本語教師が瞬時に動詞グループを分けるコツ

 

  1. 「する」と「来る」→ 3グループ動詞
  2. 動詞を「ない形(~ない の形)」にする(ex 食べない 書かない)
  3. 「ない」の前の文字で分類

 

「する」と「来る」は3グループ動詞なので、覚えておきましょう!

3グループ動詞はこの2つだけです!

3グループ以外の動詞は、ない形にして分類します。

 

ない形から分類

 

  • (あ段)+ない → 1グループ
  • (い段 or え段)+ない → 2グループ

 

「書く」→「書ない」    あ段なので、1グループ動詞ですね。

「寝る」→「寝(ね)ない」  え段なので、2グループ動詞ですね。

 

実際は1グループか2グループどちらだったかな?と考える時がほとんどです。

なので、ない形の「ない」の前があ段かどうか考えるだけでOKです!

 

ない形を作れば、すぐにグループ分けができますね!

 

 

動詞グループの見分け方:教え方のポイント

 

動詞のグループ分けを教える前に

 

動詞のグループ分けを教える前に、準備をしましょう!

  • 3グループは「来る」と「する」の2種類のみ!
  • 50音表(あいうえお表)を準備する
  • 「ます形」or「辞書形」どちらから作るかは、使用テキストによって違う
  • 例外は2~3個だけにする

 

詳しく見ていきましょう。

まずは3グループ動詞かどうかを見分けます。

 

その後1グループか2グループに分けていきます。

「い段」や「え段」というより、50音表を見た方がわかりやすいです。

 

ます形から分類するか辞書形からするかは、使っているテキストにより異なります。

定番の「みんなの日本語」は、ます形から分類しています。

 

また、グループ分けのルールには例外もあります。

例外をたくさん出すと混乱するので、2~3個までにしておきましょう。

 

①ます形から分類:「ます」の前の文字は?(みんなの日本語etc)

ます形から分類

 

  • 1グループ: 「い段 + ます」
  • 2グループ: 「え段 + ます」(☆例外:「い段+ます」)

 

「書ます」→ い段なので、1グループです。

「食ます」→ え段なので、2グループです。

 

1グループ⇒2グループ⇒2グループの例外 の順で教えるとわかりやすいです。

ルール通り ⇒ ルール通り ⇒ 例外 の順ですね。

 

 

 

②辞書形から分類:最後の文字に注目!

辞書形から分類

 

  • 2グループ: 「~る」で終わる
  • 1グループ: 「~る以外で終わる(☆例外あり:「~る」で終わるもの)

 

「食べる」→ 「」で終わっているので2グループです。

「書く」→ 「」で終わっている(る以外)ので1グループです。

 

2グループ⇒1グループ⇒ 1グループ例外 の順で教えます。

ルール通り ⇒ ルール通り ⇒ 例外 の順ですね。

 

 

 

まとめ:日本語教育の動詞のグループ分けは国語よりシンプル

 

  • 動詞の分類は3つだけ!
  • 3グループは「する」「来る」だけ!
  • 動詞の数の多さは 1>2>3 グループ
  • ルール通り ⇒ 例外 の順で教える
  • 国語で習ったものは一度忘れてOK!

 

動詞のグループ分けを理解できましたか?

見分け方を知っているだけでも、授業に自信がもてますね!

大切なのは、「学習者にどう伝えるか」です。

シンプルにわかりやすく理解してもらえるといいですね!

 

検定試験に合格したら、未経験でも働けるオンラインスクールがおすすめ!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゃそ

オンライン日本語教師の中の人です| 台湾で日本語教師になるも適応障害に。 2019年からオンライン日本語教師の道へ ▸働きやすい環境を模索中!|永遠のダイエッター| 限りなくグレーに生きていきます。あと、エンゼルパイをさがしています。

-続けるためのヒント
-

Copyright© Chaso Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.