資格をとる

日本語教師の資格を通信講座で取得するには?【おすすめ通信講座アリ】

悩みちゃん

日本語教師になるための資格を通信講座でとりたいです。

忙しいので、自分のペースで空いた時間に勉強したいです。

でも検定試験は難しいと聞くし、独学で勉強するのはちょっと不安です。

なにかいい方法はありませんか?

こんな疑問にこたえます。

本記事の内容

  • 通信講座で目指せる資格とは
  • 通信講座の内容【養成講座420時間との比較】
  • 失敗しない!通信講座の選び方

 

本記事の信頼性

  • 2012年日本語教師養成講座420時間修了
  • 日本語教育能力検定試験 合格
  • 現役オンライン日本語教師

 

2011年に日本語教育能力検定試験に合格し、2012年に養成講座420時間を修了しています。

2012年と2018年に台湾で計2年の日本語教師経験があります。

2019年5月から中国系のオンライン日本語学校で講師を始めて、現在約1年です。

 

日本語教師の資格を通信講座で始めたい方に

通信講座のメリットと、失敗しない講座の選びかたをお伝えします。

通信講座で目指せる日本語教師の資格とは?【通信講座のメリットも解説】

通信講座では、日本語能力検定試験に合格することを目指します。

 

まず、日本語教師になるために、特に資格はありません。

しかし、ほとんどの日本語学校では、以下の3つのどれかに当てはまる必要があります。

  • 大学で日本語教育を専攻または副専攻
  • 日本語教師養成講座を420時間 修了
  • 日本語教育能力検定試験に合格

この中で通信講座のみで目指せるのは、検定試験の合格だけです。

 

大学で日本語教育を専攻すれば、専門的な知識をじっくりと学ぶことができます。

しかし、その分お金と時間がかかります。

日本語教師養成講座420時間は、通信講座だけでは修了できません。

実践的な科目はどうしても通学しなければなりません。

1年で修了するとしても、そのうち約半分は通学しなければなりません。

残念ながら地方ではあまり校舎がなく、通いにくいのが現状です。

また、開校日が決まっているので

時期によっては、すぐに始めることができません。

 

通信講座のみで勉強するには、

  1. 日本語教師としての知識を学びながら
  2. 検定試験対策をして
  3. 検定試験に合格する

という流れになります。

  • 自分のペースで進められる
  • 空いた時間を上手く活用することができる
  • 場所を選ばずに勉強できる
  • いつからでも始められる

というメリットがあります。

通信講座でいつからでも、検定試験合格を目指すことができます。

 

通信講座は何をするの?【養成講座420時間との比較】

通信講座の内容と費用、受講期間を見て行きましょう。

通信講座の内容は?【期間と費用】

  • 内容:日本語教育能力検定試験対策+日本語の教え方
  • 受講期間:半年~1年ぐらい(※最短3~4か月!)
  • 費用:10万円~15万円前後
通信講座 日本語教師養成講座420時間
受講期間 半年~1年
(※最短3か月も可能!)
半年~1年
場所 どこでも 講座を実施している学校へ通学が必要
時間 いつでも (実践科目は)開講日のみ
費用 10~15万円 60万円前後

 

通信講座は、日本語教師として必要な知識+検定試験対策が主です。

検定の合格率は23%前後で、割と難関です。

また、出題範囲も広いので、独学より通信講座を利用するのがおすすめです。

 

受講期間は半年~1年ですが、その気になれば3~4か月で終えることもできます。

場所や時間を選ばないので、自分でペース調節ができるからですね。

 

また、値段も養成講座420時間に比べればリーズナブルと言えます。

養成講座420時間は60万円前後です。

通信講座は10万~15万円です。

日本語教育能力検定試験に合格しやすい?【検定試験のチカラ】

実は養成講座420時間を修了した人より、通信講座を受講した人の方が

検定試験の合格率がやや高いという結果があります。

 

420時間の養成講座を受講中は、実践科目の準備などで忙しく、

検定対策に十分に集中できないという声を、私の周りでも多く聞きました。

その分通信講座であれば、検定試験対策に集中できるでしょう。

 

そして、検定試験を合格していれば、実はかなり就職に有利になります。

日本語教師といえど、立場としては「教師」になるわけですから、

大学卒業を条件にしている学校も多いです。

でも、もしあなたが大学卒業をしていなくても大丈夫です!

日本語教育能力検定試験に合格していれば、大学卒業を問われない場合があります!

それだけ専門性が認められた検定試験なのです。

 

通信で効率よく、勉強するのがよさそうですね!

 

失敗しない!通信講座の選び方

では、実際に通信講座を選んでいきましょう!

通信講座を選ぶ時のポイント

  • 合格実績があるもの
  • しっかりサポートしてくれる(わからない時、質問ができる)
  • 就職サポート付き

通信講座を選ぶ1番のポイントは、検定試験の合格率です。

いくら安くても、合格実績がなければ時間の無駄になってしまいます。

 

また、サポートがあるかどうかも重要です。

基本は自分で勉強を進めていくので、わからないことが出てきます。

そんな時、一人で悩むより質問できたほうがいいですよね!

 

そして、就職サポートは必須です!

せっかく資格を取ったのに、就職につながらなければ意味がありません。

求人の探し方や就職のサポートまでが、講座のコンテンツだと思ってください。

 

おすすめの通信講座【NAFL日本語教師養成プログラム】

おすすめの講座は、アルクのNAFL(ナフル)日本語教師養成プログラムです!

どうしてNAFL(ナフル)がいいの?
悩みちゃん

NAFLをおすすめする理由は3つあります。

  1. 受講者数・合格率が高い
  2. 日本語教育関連の書籍を多く扱っている
  3. サポートが充実している

 

1.NAFL修了生は検定試験を受験した人の66.3%*が合格するという、

平均の約2.8倍近い合格率となっています。(*2017年および2019年アルク調べ)

ちゃそ
日本語教育能力検定試験の合格率が23.8%前後だから、
かなり高い合格率ですね

 

2.また、NAFLの講座をしている株式会社アルクは、

多くの日本語教育に関する本を出版しています。

私も実際の授業のために、アルクの本を使っています!

アルク教材

アルクの日本語教育に関する本

日本語教育について深い知識のある講座だからこそ、

合格率が高いことも納得できますね!

 

3.さらに、NAFLではサポートが充実しています。

  • 学習サポート
  • 就職サポート

学習サポートでは、わからないことを学習コーチに質問できます。

学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、オンラインの学習サポートが充実しています。

就職サポートでは、就職サポートセミナーを開催しています。

求人情報の収集方法、面接対策などもあるとのことです!

 

「一人では続けられないかも」という不安をサポートしてもらえるのはうれしい!
悩みちゃん

 

さらにNAFLには2つの大きな特典があります!

  • スマホやタブレットでも勉強できる
  • 試験まるごと体験がある

スマホやタブレットで勉強できるので、移動中や空き時間に

いつでもどこでも学習することができます。

さらに「試験まるごと体験」という、当日と同じスケジュールの模擬試験があります。

日本語教育能力検定試験は、9:00~16:40までと1日がかりの試験です。

家で実際のように試験練習をしようとしても、なかなか難しいです。

試験まるごと体験があれば、当日の緊張を和らげることができそうですね!

<検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」


 

まとめ:自分のペースで学習できる通信講座を選ぼう!

通信講座で日本語教師の資格をとるには

日本語教育能力検定試験の合格を目指すことです。

通信講座の選び方

①合格実績があるもの

②しっかりサポートしてくれる(わからない時、質問ができる)

②就職サポートがついている

自分に合った勉強方法を見つけて、検定試験合格を達成しましょう!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゃそ

オンライン日本語教師の中の人です| 台湾で日本語教師になるも適応障害に。 2019年からオンライン日本語教師の道へ ▸働きやすい環境を模索中!|永遠のダイエッター| 限りなくグレーに生きていきます。あと、エンゼルパイをさがしています。

-資格をとる
-

Copyright© Chaso Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.