日本語教師になりたい!と思った時に読む本まとめ【初心者向け6冊】

広告

日本語教師になりたい!と思った時に読む本まとめ【初心者向け6冊】

こんにちは!オンライン日本語教師のちゃそです。

この記事では

  • 日本語教師をしたいけど、日本語教育のこと全然わからない
  • 日本語教育の勉強をしたいけど、何から始めればいいかわからない
  • 日本語教育能力検定試験の勉強がいいと聞いたけど、難しすぎてわからない

こんな人のために、なにもわからなくても読めるおすすめの本をご紹介します

ちゃそ
ちゃそ

まずは少しずつ知識を増やしていきましょう!



もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

経験がないのに日本語を教えることになった3人をもとに進んでいきます。

「教え方」だけでなく、日本語の捉え方や考え方が学習者ありきで考えられています。

日本語を教えるということはどういうことか、例を挙げながら説明しています。

ちゃそ
ちゃそ

現場のリアルな状況を織り交ぜているので、経験がない人にもイメージしやすいです!

続編も出ています



超基礎・日本語教育

created by Rinker
¥1,760 (2024/06/17 02:38:26時点 Amazon調べ-詳細)

本格的な内容ではなくて、まずは日本語教育全体を把握する本を読んでみましょう。


私たちが学生時代に習った国語教育と、外国人が学ぶ日本語教育の違いから

日本語に関する試験、日本語教育が必要な人について

そして、模擬授業のことまで広く書かれています。

ちゃそ
ちゃそ

日本語教師に興味を持った方におすすめの入門書です!


超基礎・日本語教育のための日本語学

created by Rinker
¥1,980 (2024/06/17 02:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

上の「超基礎・日本語教育」から、さらに具体的な内容に入った本です。

お悩みちゃん
お悩みちゃん

日本語教師の全体像についてある程度知っている方は、こっちの本からでもいいと思う!

日本語を教える時に必要な、日本語の特徴、音声、文字、語彙、文法、談話、敬語や待遇表現などについて解説しています。

ちゃそ
ちゃそ

これから勉強する人も、今勉強中の人にも参考になる本です!

ちなみに第二言語習得についての本も出ています。

一歩進んだ方はこちらもどうぞ。

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/17 02:38:27時点 Amazon調べ-詳細)



日本人の知らない日本語

日本語教師について知りたいなら、マンガでさくっとおかしく読みましょう。

硬くなりがちな日本語教育の本が多い中、日本語を教える先生の悩みをおもしろおかしく紹介しています!

日本語の奥深さや学習者が間違いやすいポイントを、笑いながら勉強できます。

お悩みちゃん
お悩みちゃん

マンガなので、読みやすいし内容もちゃんとおもしろい!

ちゃそ
ちゃそ

私も養成講座に通学中の2009年に2冊目まで買って読んでいました



はじめて日本語を教える人のためのなっとく知っとく初級文型50

日本語教師として、文型についてどう考えればいいか知りたい時に読む本です。

タイトルの通り、はじめて教える人にもわかりやすく文型を紹介してます!


文法書や解説を読んで、専門用語で頭が「???」になることがありますが

そのあとにこの本で確認すると、すっと腑に落ちることが多々!

ちゃそ
ちゃそ

専門用語が少なめ!イラストと易しい解説つきです♪


日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識

created by Rinker
株式会社アルク
¥2,420 (2024/06/17 02:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

日本語教育能力検定試験の勉強をしてみようと思った時、初めにつまずくのが範囲の膨大さです。

どんな試験でも、まずは基礎知識が大事です!

日本語教師を目指す人にとって必要な項目50個を、わかりやすく解説しています。

ちゃそ
ちゃそ

「ちょっと何言ってるかわかんない」状態から抜け出せます!


まとめ:まずは楽しく読めるものから始めよう!

日本語教育について学べる本をご紹介しました。

正直、日本語教師に関連する本は山のようにあります。


中には専門用語が多かったり、文章のスタイルが硬くて読みにくいものもあります。

せっかく日本語教師に興味を持ったのに、そこで勉強をやめてしまってはもったいないです!


まずは自分にとって読みやすい本を見つけて、少しずつ知識を増やしていきましょう~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA