続けるためのヒント

無資格でも海外で日本語教師になれる「日本語パートナーズ」って何?【高卒・現役大学生OK】

悩みちゃん
海外での日本語教師をしてみたいです。
でも日本語教師の資格を持っていないし、年齢も気になります。
こんな私でも海外で日本語を教えられる方法はありますか?

 

こんな疑問にこたえます。

 

本記事の内容

  • 資格なしでもOKな日本語パートナーズについて
  • 応募資格や待遇について

 

本記事の信頼性

ちゃそについて

ちゃそ(@chaso_japanese

 

2011年に日本語教育能力検定試験に合格し、2012年に養成講座420時間を修了しています。

2012年と2018年に台湾で計2年の日本語教師経験があります。

2017年には大阪で日本語教師をしていました。

2019年5月から中国系のオンライン日本語学校で講師を始めて、現在約1年です。

 

実は私は以前、2回ほど日本語パートナーズの説明会に参加したことがあります。

そこでは実際に派遣された方の話を聞いたり、日本語パートナーズについて伺うことができました。

 

資格や経験がなくても大丈夫!

日本語パートナーズの特徴をお伝えします!

 

 

日本語パートナーズってなに?

学校

東南アジアおよび台湾の小・中・高校で、現地の日本語教育をサポートするために派遣されるプログラムです。

 

現地の小中学校、高校で日本語の先生のお手伝いをして文化交流もするよ!
悩みちゃん

 

そもそも、どうして日本語パートナーズが始まったの?

ASEAN首脳会議
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、もっとアジアと交流しよう~!

2013年ASEAN首脳会議でもっとアジアの文化交流をしようという政策が出来ました。

  • 芸術と文化の交流
  • 日本語学習の支援

そのうち、日本語学習の支援のためにできたプログラムが「日本語パートナーズ」です。

東京オリンピックまでに3000人を派遣するのが目標なんだって!
悩みちゃん

 

どんな国に派遣されるの?

東南アジア

東南アジア諸国と台湾に派遣されます。

国・地域 募集人数 派遣期間
インドネシア 40名程度 2020年8月~2021年2月
カンボジア 1名 2019年10月~2020年9月
シンガポール 1名 2019年4月~2020年2月
タイ 50名程度 2020年5月~2020年12月
フィリピン 13名 2020年7月~2020年12月
ブルネイ 1名 2020年2月~2020年12月
ベトナム 30名程度 2020年8月~2020年12月
マレーシア 25名 2020年2月~2020年10月
ミャンマー 5名 2020年5月~2020年12月
ラオス 3名 2020年9月~2020年12月
台湾 15名 2020年9月~2020年12月

(過去の募集情報)

インドネシア、タイ、ベトナムは派遣人数が多いです。

派遣期間は、ほぼ1年のところもあれば3か月や半年と短いところもあります。

 

 

日本語パートナーズの特徴

日本語パートナーズは他のプログラムと違うおすすめポイントがいくつかあります!

 

応募資格がやさしい

  • 満20歳~満69歳
  • 日本国籍で日本語母語話者
  • 日常英会話(最低限の意思疎通が図れる程度)

日本語教師の海外派遣は通常、日本語教師としての資格や経験が問われます。

日本語教師になるための資格を知りたい方は日本語教師になるには【資格や免許は必要?420時間って何?】をご覧ください

日本語パートナーズは日本語教師の資格の有無は問われません!

さらに20歳以上なら大学生でも参加することができます!

日本育ちの日本人であればOKです。

実際に派遣されている方は、主に20代(大学生)と60代が多いようです

英語は簡単なコミュニケーションがとれれば大丈夫だそうです。

 

日本語パートナーズに参加した知人は、英語がペラペラではありませんでしたが、話す度胸がありました。
コミュニケーションをとろうとする姿勢の方が重視されるようです。

 

派遣期間が短い

1年と聞くと長く感じる人もいるかもしれません。

こういった派遣プログラムでは、2年以上のものが多いです。

その中で日本語パートナーズは長くても11か月というのは魅力ですね!

 

待遇がいい

日本語パートナーズに参加=国から派遣されるということです。

そこで切り離せないのは待遇の良さです。

  • 滞在費用:月に11万円~14万円の支給
  • 住居提供あり!(家賃いらないのよ!)
  • 往復航空券
  • 業務に必要な教具の支給や貸与

この他にもまだまだあります!

国から派遣されるので、一般的な日本語教師より待遇がはるかに良いです!

まず、月に11万~14万円も支給されます。

東南アジアや台湾では、日本語教師の資格をもっていても給料は同じかまたはこれより少ないです。

さらに住居は提供されるので、ここから家賃を引かれることもありません!

日本語教師として普通に就職する場合、航空券は自分で買います。

教材も自分で購入する場合がほとんどです!

とにかく、費用面で心配することはありません!

 

研修がしっかりしている安心感

  • 派遣前研修:約1か月
  • 言語や日本語教育の知識を学ぶ
  • 国内の研修所で仲間と合宿

研修は国際交流基金の施設で、合宿をします。

国内の研修所までの往復旅費は支給されますし、宿泊施設、食事を提供してもらえます!

費用もかからないし、何より研修があるのは安心です。

日本語教育についてわからないことも、ここでみんなと学ぶことができます

未経験の人でも安心して参加することができますね!

 

説明会やくわしい募集時期はぜひホームページで!↓↓
日本語パートナーズ|国際交流基金アジアセンター

(※現在新型コロナウイルスの影響のため、2020年度の募集を中止しています。)

 

 

まとめ:学生や未経験の人こそ、日本語パートナーズを受けるべき!

学生こそ挑戦!

日本語パートナーズの特徴についてお伝えしました。

どうでしたか?

  • 応募資格が幅広い
  • 待遇が良い
  • 経験が積める

日本語教師になりたい人にとって、こんなに良いチャンスはありません!

日本語教師を目指している人も、東南アジア・台湾に興味がある人も一歩ふみ出してみませんか?

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゃそ

オンライン日本語教師の中の人です| 台湾で日本語教師になるも適応障害に。 2019年からオンライン日本語教師の道へ ▸働きやすい環境を模索中!|永遠のダイエッター| 限りなくグレーに生きていきます。あと、エンゼルパイをさがしています。

-続けるためのヒント
-,

Copyright© Chaso Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.